ラグジュアリーカードで利用できるラウンジまとめ!ホテルラウンジや空港ラウンジが使えて

Mastercardブランドの中では最高峰のランクを誇るのが、ラグジュアリーカード。一般申し込みができるカードには、3つの種類があり特典やサービスの豊富さが人気を集めています。

数ある特典の中で、今回注目をするのが「ラウンジ」に関する特典です。

ラグジュアリーカードでは、ラウンジ関連の特典が大きく分けると2つあり、いつもとは違った充実した時間が過ごせると会員から人気を集めています。

本記事では、それぞれのラウンジ特典の特徴や利用ができる場所などについて徹底解説します。

目次

ラグジュアリーカードで利用できるラウンジ概要

ちょっとしたスキマ時間で非日常の体験ができる、人気の特典がラウンジです。ラグジュアリーカードでは、ラウンジと名の付く特典が大きく分けると2つあります。

  • ラグジュアリーカードラウンジアワー
    ⾼級ホテルや会員制ラウンジなどの上質な空間を気軽にサードプレイスとしてご利⽤いただける場所。
  • 空港ラウンジ
    飛行機の待ち時間を快適に過ごすことのできる場所。

各特典はさらに細かく分類され、ラグジュアリーカードラウンジアワーは、カフェ優待とラウンジ利用の2種類あります。

空港ラウンジは、アプラス空港ラウンジサービス(一般的な空港にあるカードラウンジ)とプライオリティ・パスの2種類が用意されています。

各特典は無料で利用ができる場合や、優待価格で利用ができる場合など、施設により異なります。詳細については、これ以降の章で解説をします。

ラグジュアリーカードのラウンジアワー

はじめに、ラグジュアリーカードのラウンジアワーについて解説します。

カフェ優待について

カフェ優待では、下記の2つのお店で無料ドリンクやスイーツの提供を受けることが可能です。

どちらのお店も、素材や味にこだわり、評価が高く連日行列の耐えない人気店です。

保有するカードの種類により、受けることのできる特典が異なりますのでご注意ください。

STREAMER COFFEE COMPANY (ストリーマーコーヒーカンパニー)

  • 優待内容:カード会員様ご本人様、お一人につき1杯無料でドリンクを提供
  • 対象店舗:REVOLVER – Booze & Coffee ホテルメトロポリタン川崎内/中目黒店
  • 利用可能回数:
    Black Diamond, Gold Card会員様:いつでも(1日1回まで)
    Black Card会員様:月1回(毎月1回有効な特典チケットもらえる)
    Titanium Card会員様:四半期ごとに一回(3ヶ月に1回有効な特典チケットがもらえる)

HARNEY & SONS(ハーニー&サンズ)

  • 優待内容:お好きな紅茶を注文いただくとスイーツが1品無料
  • 対象店舗:ハーニー&サンズ 表参道
  • 対象:全ラグジュアリーカード会員

優待を受けることのできるラウンジについて

2024年4月現在は首都圏を中心に、20の場所が用意されています。ホテルだけでなく、伊丹空港にあるラウンジでも優待が用意されているのは注目したいポイントです。

期間限定のラウンジがオープンする場合もあるため、最新の情報は公式ホームページも合わせてご確認をお願いします。

ラウンジアワーの特典を利用して優待を受けることのできるラウンジは以下のとおりです。

地域名称
東京銀座ミュージックバー
グランドプリンスホテル新高輪
ザ・キャピトルバー
ザ ハミルトン ジーエス(期間限定:2024/3/29〜6/30)
THE HAMILTON 銘店(ザ ハミルトン メイテン)
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、ラグジュアリーコレクションホテル
Tokyo Confidential(トーキョーコンフィデンシャル)
マンダリンオリエンタル 東京
WINE MARKET PARTY恵比寿店
神奈川インターコンチネンタル横浜 Pier8
リボルバーブーズ&コーヒー
名古屋名古屋プリンスホテルスカイタワー
名古屋マリオットアソシアホテル
大阪コンラッド大阪
セントレジスホテル大阪
ラウンジ&バー グラン・ブルー 伊丹空港店
京都季の美ハウス
ザ・ホテル青龍 京都清水
兵庫ホテルラ・スイート神戸ハーバーランド
福岡グランド ハイアット 福岡

また各ラウンジで受けることのできる特典はそれぞれ異なりますが、一例としては以下のようなモノが挙げられます。
完全無料ではなく、優待価格で利用ができる様々なメニューが用意されています。

優待内容一例

  • アペタイザー3種+お好きなドリンク2杯 おひとり様3,000円(税サ込)
  • 通常20時以降にかかるカバーチャージ(おひとり様2,000 円/税別)が無料
  • フリーフロー+トリュフポテト おひとり様4,600円 (税サ込)
  • 季節のスイーツとお飲み物のケーキセット おひとり様2,500円(税サ込)
  • 入手困難なプレミアムジャパニーズウイスキー(響17年、山崎12年、白州12年、竹鶴12年の中から1杯、通常1ショット12,000円税込サ無)+アラカルト2品付 おひとり様5,000円(税込・サービス料無)
  • シグネチャーセイボリーアイテム3種+お好きなドリンク2杯 おひとり様2,530円(税サ込)

ラグジュアリーカードで利用できる空港ラウンジ

次に、空港で利用をすることのできるラウンジについて紹介します。

カードラウンジ(アプラス提供)

ラグジュアリーカードを保有していれば、同伴者も1名までなら無料で利用ができるのが、アプラスの空港ラウンジサービスです。

日本各地の主要空港にあるラウンジとハワイ・ホノルル空港のラウンジが対象施設で、ソフトドリンクやWIFIなどを無料で提供しています。

地域空港名
北海道
東北
新千歳空港函館空港
青森空港秋田空港
仙台国際空港
中部
北陸
新潟空港富山空港
小松空港中部国際空港
関東成田国際空港羽田空港
近畿伊丹空港関西国際空港
神戸空港
中国岡山空港広島空港
米子鬼太郎空港山口宇部空港
四国徳島空港高松空港
松山空港
九州
沖縄
福岡空港北九州空港
長崎空港大分空港
阿蘇くまもと空港鹿児島空港
那覇空港
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港

後ほど紹介する、プライオリティ・パスで入ることのできるラウンジや、航空が提供するビジネスクラスやファーストクラスラウンジとは異なり、アルコールが有料、食べ物やシャワーは用意されていないケースが多いです。

飛行機までの時間をゆっくり過ごすことにフォーカスしたサービス内容であるため、シーンに合わせてどこのラウンジを利用するかご検討ください。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは、旅行好きの方であれば知らない人はいない、世界145カ国・600以上の都市にある1,500を超える空港に設置されたラウンジが利用できる会員制のチケットです。

先ほど紹介したラウンジとは異なり、航空会社のビジネスクラスラウンジのような豪華なサービスが特徴。軽食、ソフトドリンク、アルコールなどが提供され、会員であればすべて無料で利用をすることが可能です。

ラグジュアリーカードではカードランクを問わず、プライオリティ・パスが無料付帯します。プレステージクラスの最高峰のステータスで提供され、年間の利用回数に制限がないのが魅力的なポイントです。

ランク金額内容
スタンダード$99$35/回で利用可能
スタンダードプラス$32910回無料で利用可能
11回目以降は$35/回で利用可能
プレステージクラス$469毎回無料で利用可能

またプレステージクラスのプライオリティ・パスは通常年会費469USドル、日本円にすると約70,350円相当の支払いが必要。チタニウムカードであれば、プライオリティ・パスの特典だけで年会費の元を取ることが可能です。

主要空港に設置されているラウンジの一例は以下のとおりです。各国にあるラウンジの詳細については、公式ホームページでご確認をお願いします。

空港名ラウンジ
日本東京・成田国際空港、第1ターミナルI.A.S.S Superior Lounge -NOA-
I.A.S.S Executive Lounge 1
台湾台湾桃園国際空港、第1ターミナルPlaza Premium Lounge (Zone D)
Plaza Premium Lounge (Zone C)
タイバンコク・スワンナプーム国際空港、国際線コンコースAMiracle First Class Lounge
Miracle Business Class Lounge
アメリカニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港、第1ターミナルLufthansa Business Lounge
Primeclass Lounge
Turkish Airlines Lounge
Air France Lounge
KAL Business Class Lounge
フランスパリ=シャルル・ド・ゴール空港、ターミナル2EYotelAir Paris Charles de Gaulle

ハワイのプルメリアラウンジ

ラグジュアリーカードゴールドを保有していると、ステータスマッチ制度を利用しハワイアン航空Pualaniエリート会員特典のPualani Platinumを獲得することができます。

Pualani Platinumを獲得すると、ハワイアン航空の上級会員としてハワイアン航空が運営しているPremier Clubラウンジを利用することが可能です。

またこのステータス特典では、本人だけではなく同行者2名も一緒に無料でラウンジに入ることが許可されています。

ラウンジ内では、ハワイらしいスイーツやドリンクなどを提供しているため、ぜひ日本とは異なる食文化なども合わせてお楽しみください。

Premier Clubラウンジがある空港一覧

  • オアフ島ダニエル・K・イノウエ国際空港
  • ハワイ島ヒロ空港
  • マウイ島カフルイ空港
  • ハワイ島コナ空港
  • カウアイ島リフエ空港

またハワイアン航空は2023年12月に、アラスカ航空との合併に向けた手続が進んでいます。アラスカ航空はワンワールドに加盟を行っているため、合併完了後にはハワイアン航空も同じくワンワールドに加盟予定です。

今まではアライアンスに未加入だったハワイアン航空ですが、ワンワールドに加盟することで将来的には、Pualani Platinumのステータスを活用して、ワンワールド系列の航空会社のラウンジが利用できるようになるかもしれません。

参考までに2024年4月現在、ワンワールドに加盟を行っている航空会社は以下のとおりです。

ワンワールド加盟航空会社(2024年4月26日現在)

  • アラスカ航空
  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • キャセイ・パシフィック航空
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • 日本航空
  • マレーシア航空
  • カンタス航空
  • カタール航空
  • ロイヤル・エア・モロッコ
  • ロイヤル・ヨルダン航空
  • スリランカエアラインズ

ラグジュアリーカードのラウンジ事情まとめ

ラグジュアリーカードで利用ができる、ラウンジ関連の特典について詳細を解説しました。

本記事の内容を改めてまとめると以下のとおりです。

ラグジュアリーカードで利用ができるラウンジ特典

  • 指定のカフェでのドリンクなどの無料提供
  • ホテルの高級ラウンジで、優待価格のメニューが利用できる
  • アプラスの空港ラウンジサービスが利用できる(同伴者1名も無料で利用可能)
  • プライオリティ・パスで世界各地の空港ラウンジが利用できる
  • ラグジュアリーカードゴールドであれば、ハワイアン航空のPremier Clubラウンジが利用できる

ラウンジをうまく活用することで、日常のちょっとした時間がより素敵になることは間違いありません。

特に旅行の際の空港ラウンジは混み合う待合所を避け、出発までの時間を快適に過ごすことができるとカードユーザーからは人気を集めています。

プライオリティ・パスが無料で手に入るだけでも大きなメリットの一つであるため、興味を持っていただけた方はぜひラグジュアリーカードへのお申し込みをお願いします。

入会キャンペーン情報まとめ

2024年4月現在、ラグジュアリーカードは入会キャンペーンで最大50,000円相当のポイントをもらえます!

  • ラグジュアリーカード チタン:15,000円相当
  • ラグジュアリーカード ブラック:30,000円相当
  • ラグジュアリーカード ゴールド:50,000円相当

入会方法によってもらえるポイント数が異なり、もっともポイント数が多くおすすめなのは「アンバサダー経由」です。公式アンバサダー経由の発行だと初年度の年会費全額返金保証も付くので、その点でもおすすめです。

アンバサダーの申し込みでは紹介コード「LCAMB22511」の入力が必須です。

  • URLをコピーしました!
目次